宇野常寛責任編集 PLANETS 政治からサブカルチャーまで。未来へのブループリント

Serial

【購入者限定・無料】橘宏樹×宇野常寛『現役官僚の滞英日記』刊行記念 特別対談 & サイン会

開催期間
2/20(火)19:30 ~ 21:30
開催場所
株式会社CAMPFIRE内 5F イベントスペース
▼スケジュール
2018年2月20日(火) 19:00 open / 19:30 start
19:30〜21:00 橘宏樹×宇野常寛 特別対談
21:00〜21:30  橘宏樹サイン会
※会場となる建物エントランスが20:00以降閉鎖されます。
ご参加のお客様は20:00までに入場をお済ませください。

 

▼会場
株式会社CAMPFIRE内 5F イベントスペース
東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル 5F
※渋谷ヒカリエ横のビル
各線「渋谷駅」より徒歩3分

 

▼概要
2月1日(木)発売の橘宏樹さん著『現役官僚の滞英日記』の刊行を記念し、書籍購入者限定トークイベントを実施します!
著者である橘さんと、宇野常寛(評論家・批評誌『PLANETS』編集長)が対談を行います。
トークイベント終了後は、橘さんのサイン会を予定しています。
宇野へのサインのお求めも歓迎です!
書籍を持って、ぜひ会場に足をお運びください。

 

※ニコニコ生放送で生中継!
http://live.nicovideo.jp/watch/lv311076805

 

▼出演プロフィール
橘宏樹(たちばな・ひろき)
官庁勤務。2014年夏より2年間、英国の名門校LSE(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス)及びオックスフォード大学に留学。NPO法人ZESDA(http://zesda.jp/等の活動にも参加。趣味はアニメ鑑賞、ピアノ、サッカー等。twitterアカウント:@H__Tachibana

 

宇野常寛(うの・つねひろ)
1978年生まれ。評論家として活動する傍ら、文化批評誌『PLANETS』を発行。主な著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『日本文化の論点』(筑摩書房)、『母性のディストピア』(集英社)ほか多数。

 

▼参加条件
本イベントは、『現役官僚の滞英日記』を購入してくださった方を対象にした参加費無料イベントです。
参加を希望される方は、お一人一冊『現役官僚の滞英日記』をチケット替わりにお持ちいただくか、当日物販スペースで同書籍をお買い求めください。
書籍を持参される場合は、購入場所は問いません。
事前予約は不要です。

 

▼写真撮影について
当イベントは写真撮影可、SNSでのシェアも大歓迎です!
「#現役官僚の滞英日記」をつけて投稿してください。
ただし、他のお客様の写り込みへのご配慮をお願いいたします。
また、録音や動画での撮影は禁止とさせていただきます。

 

▼橘宏樹さんサイン会実施のお知らせ
トークイベント後には、会場物販で書籍をご購入いただいた方や、書籍を購入し持参していただいた方を対象に、橘宏樹さんのサイン会を行います。
橘さんに直接会える貴重な機会です! 奮ってご参加ください。
※サイン会への参加をご希望の方は、当日のお席順にサイン会列へご案内いたします。

 

▼注意事項
20:00に会場となるビルのエントランスが閉鎖されます。
ご来場のお客様は20:00までにご入場をお済ませくださいますようご協力お願いいたします。