宇野常寛責任編集 PLANETS 政治からサブカルチャーまで。未来へのブループリント

Serial

  • 2021.08.31

男と病|井上敏樹

平成仮面ライダーシリーズなどでおなじみ、脚本家・井上敏樹先生のエッセイ『男と×××』。今回は敏樹先生の、ふたりの友人のエピソード。彼らの仲が深まったきっかけと、ある病の感染経路について語ります。

「平成仮面ライダー」シリーズなどで知られる脚本家・井上敏樹先生による、初のエッセイ集『男と遊び』、好評発売中です! PLANETS公式オンラインストアでご購入いただくと、著者・井上敏樹が特撮ドラマ脚本家としての半生を振り返る特別インタビュー冊子『男と男たち』が付属します。 詳細・ご購入はこちらから。

脚本家・井上敏樹エッセイ『男と×××』第66回
男 と 病     井上敏樹

友人がコロナになった。しかもふたり同時にである。中川(仮名)が三十代、岸本(仮名)が四十代。私とこのふたりは同じ職業という事もあって、ちょくちょく飲食を共にしたり旅行に行ったりする仲である。従って私も罹患してしかるべきなのだが、私が多忙な期間、中川と岸本は夜な夜なふたりで行動を共にしていたらしい。私を仲間外れにしたわけではないが、半端なふたりが半端な遊びをするからこういう目に合うのである。神はいる。『それで、一体どこでコロナに罹ったのだ?』長い自宅療養の末、ようやく保健所から外出許可の出たふたりに私はまずそう尋ねた。『それが……』と、なにやらふたりしてもごもごしている。

この記事の続きは、有料でこちらからお読みいただけます!
ニコニコで読む >>
noteで読む >>

関連記事・動画