宇野常寛責任編集 PLANETS 政治からサブカルチャーまで。未来へのブループリント

Serial

  • 2021.03.17

先行予約受付中!成馬零一『テレビドラマクロニクル 1990→2020』

ドラマ評論家・成馬零一さんによる最新刊『テレビドラマクロニクル 1990→2020』がまもなく発売になります。

昭和の終わりとともに世紀末を駆け抜けた1990年代の旗手・野島伸司。
マンガ・アニメとの共鳴で2000年代の映像表現を革命した堤幸彦。
若者カルチャーの異端児から2010年代の国民作家へと進化を遂げた宮藤官九郎。

平成を代表する3人の作品史をはじめ、坂元裕二、野木亜紀子などの作家たちが、令和の現在に創作を通じて切り拓いているものとは──?

バブルの夢に浮かれた1990年からコロナ禍に揺れる2020年まで、480ページの大ボリュームで贈る、現代テレビドラマ批評の決定版!

[本書の取扱作品]
『東京ラブストーリー』『101回目のプロポーズ』『高校教師』『人間・失格』『未成年』『家なき子』『金田一少年の事件簿』『ケイゾク』『池袋ウエストゲートパーク』『TRICK』『SPEC』『SIK’S』『木更津キャッツアイ』『ぼくの魔法使い』『吾輩は主婦である』『マンハッタンラブストーリー』『タイガー&ドラゴン』『11人もいる!』『あまちゃん』『ごめんね青春』『ゆとりですがなにか』『監獄のお姫さま』『問題のあるレストラン』『逃げるは恥だが役に立つ』『獣になれない私たち』『いだてん』『半分、青い』『なつぞら』『全裸監督』『映像研には手を出すな!』etc…

PLANETSオンラインストア限定で先行予約を受付中

ただいま、PLANETSオンラインストア限定でPLANETSオンラインストア、先行予約を受け付けています。

2021年4月22日(木)までに本書をご購入いただいた方には、一般発売よりも早く書籍がお手元に届くほか、現代テレビドラマをさらに深く理解するための2大特典をプレゼントします!

※ご好評につき、2大特典つきの先行販売期間を延長しました。

[特典1]

特別電子書籍『テレビドラマクロニクル 2020→2021:コロナ禍の進行はテレビドラマをどう変えたか』

コロナ禍に揺れる2020年4月からの1年間を通じてのテレビドラマと映像エンターテインメントの流れをリアルタイムに追った、成馬零一さん書き下ろしの附録PDF。
ステイホーム環境が生んだ坂元裕二『Living』などのリモートドラマから、朝ドラ『エール』、『半沢直樹』続編、野木亜紀子『MIU404』、そして宮藤官九郎最新作『俺の家の話』まで、本編のボーナストラックとして、まだ歴史化されていない現在進行形の変化をドキュメンタリータッチで綴る、新書1冊分(約9万字)のアナザー・クロニクルです。

[特典2]

『テレビドラマクロニクル 1990→2020』刊行記念オンライン講義の視聴チケット

著者・成馬零一さんと3名の識者とのテレビドラマをめぐる対談動画を無料でご視聴いただけます。

【オンライン講義の概要】

時代や世相をもっとも敏感に映し出す映像作品として、社会とメディアの変化とともに発展してきたテレビドラマ。その表現は、YouTubeやNetflixといったインターネットによる視聴環境の変貌や目下のコロナ・ショックによって、いま大きな曲がり角を迎えています。
日本のテレビドラマが培ってきた物語表現の真価と2020年代カルチャーの展望をめぐって、本書発行人であるPLANETS編集長・宇野常寛とともに熱く語り合います。

長い歴史を持つ保守的なドラマ枠でありながら、2010年代のSNS環境がもたらした視聴環境の変化とともに急激な復活を遂げていったNHK朝の連続テレビ小説と大河ドラマ。特に宮藤官九郎脚本の『あまちゃん』『いだてん』の影響に焦点を当てつつ、連続ドラマならではの映像表現とは何なのか、映画やアニメ、漫画など他の視聴覚表現とも対比させながら、『今日の「あまちゃん」から』『いだてん噺』などの著書を持つ細馬宏通さんとともにディープに掘り下げます。

古くは山田太一や向田邦子、鎌田敏夫などテレビドラマを「作品」として自立させていったパイオニアたちから、ヒット中の映画『花束みたいな恋をした』を手がけた坂元裕二、『逃げ恥』『MIU404』の野木亜紀子まで、日本のテレビドラマの歴史全体を通じて最も重要な作家・作品とは? そしてこれからのドラマの行く先は?
早稲田大学演劇博物館館長で企画展「テレビの見る夢──大テレビドラマ博覧会」を手がけた岡室美奈子さんとともに、研究者と評論家それぞれの観点から展望します。

※特典の閲覧・ご視聴方法の詳細は、オンラインストアのページでご案内しています。

【登壇者プロフィール】

宇野常寛(うの・つねひろ)
1978年生まれ。評論家として活動する傍ら、文化批評誌『PLANETS』を発行。主な著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『日本文化の論点』(筑摩書房)、『母性のディストピア』(集英社)、『遅いインターネット』(幻冬舎)ほか多数。

細馬宏通(ほそま・ひろみち)
1960年生まれ。人間行動学者。早稲田大学文学学術院教授、滋賀県立大学名誉教授。専門は日常における声と身体の時間構造分析、視聴覚文化研究。近著に『うたのしくみ 増補完全版』(ぴあ)。編著書に『いだてん噺』(河出書房新社)、『二つの「この世界の片隅に」 マンガ』(青土社)、『今日の「あまちゃん」から』(河出書房新社)、『ミッキーはなぜ口笛を吹くのか』(新潮選書)、『介護するからだ』 (医学書院)、『浅草十二階』、『絵はがきの時代』(青土社)、 『ELAN入門』(ひつじ書房)など。バンド「かえる目」のギター&ボーカルとして4枚のオリジナル・アルバムもリリースしている。

岡室美奈子(おかむろ・みなこ)
早稲田大学演劇博物館館長・早稲田大学文学学術院教授、文学博士。専門は、テレビドラマ論、現代演劇論。放送番組センター理事、フジテレビ番組審議会委員などの放送関係の委員・役員や、ギャラクシー賞、放送文化基金賞などテレビ関係の賞の審査員を務める。毎日新聞夕刊にコラム「教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている」を4週間に1度水曜日に連載している。共編著に『大テレビドラマ博覧会』(監修)、『六〇年代演劇再考』など、訳書に『新訳ベケット戯曲全集1 ゴドーを待ちながら/エンドゲーム』などがある。

書籍のご紹介

本書はテレビドラマについて書かれたクロニクル(年代記)である。
野島伸司、堤幸彦、宮藤官九郎──平成を代表する3人の作家の作品を批評する。
そして坂元裕二、野木亜紀子などの作家たちが令和の現在に、創作を通じて切り拓いているものについて考えている。

【目次】

第1章 野島伸司とぼくたちの失敗
昭和の終わりと「トレンディドラマ」の時代
「純愛」から人間の暗部を描く「タブー」破りへ
作家的到達点としての『高校教師』『人間・失格』
『未成年』『家なき子』に刻まれた臨界点

第2章 堤幸彦とキャラクタードラマの美学
『金田一少年の事件簿』は何を変えたか
メタミステリーとしての『ケイゾク』
『池袋ウエストゲートパーク』が始動した2000年代
『TRICK』の到達のかたち
時代への抗いとしての『SPEC』

第3章 2000年代の宮藤官九郎──〈ジモト〉と〈共同体〉の再編をめぐって
小劇場演劇ブームの申し子として
『木更津キャッツアイ』が成し遂げたドラマ史の転換
『ぼくの魔法使い』『吾輩は主婦である』における夫婦観
『マンハッタンラブストーリー』と恋愛ドラマの転換
初期クドカンの集大成としての『タイガー&ドラゴン』

第4章 2010年代の宮藤官九郎──東日本大震災後の日本社会をめぐって
震災で浮上した〈現実〉対〈虚構〉の主題
『あまちゃん』という2010年代ドラマのビッグバン
その後の『あまちゃん』
『ごめんね青春!』が挑んだ脱ホモソーシャルへの道筋
『ゆとりですがなにか』と社会派ドラマの潮流
『監獄のお姫さま』とポリティカル・コレクトネスとの対峙
『いだてん』というニッポンの自画像

【著者プロフィール】
成馬零一(なりま れいいち)
1976年生まれ、ライター、ドラマ評論家。テレビドラマ評論を中心に、漫画、アニメ、映画、アイドルなどについて、リアルサウンド等で幅広く執筆。単著に『TVドラマは、ジャニーズものだけ見ろ!』(宝島社新書)、『キャラクタードラマの誕生 テレビドラマを更新する6人の脚本家』(河出書房新社)がある。

【書誌情報】
価格 3,500円+税
コード ISBN 978-4-905325-17-8
頁数 480頁
発行 PLANETS/第二次惑星開発委員会
発売日 一般発売(全国の書店・Amazonなど)は4月23日(金)を予定しています。ただいまPLANETSオンラインストアでご予約いただくと、一般発売よりも早くお手元に書籍が届きます。
※一般発売日が変更となりました(4/6追記)

【書店様ご注文書はこちら】
この書籍は、取次を通さない、直販商品です。
また、カフェや勉強会などで、まとまったお取引も可能です。
コンタクトフォームより、お気軽にお問い合わせください。