宇野常寛責任編集 PLANETS 政治からサブカルチャーまで。未来へのブループリント

Serial

  • 2015.11.30
  • J-WAVE,THE HANGOUT,YouTube,宇野常寛

月曜ナビゲーター・宇野常寛 J-WAVE「THE HANGOUT」11月23日放送書き起こし!

大好評放送中! 宇野常寛がナビゲーターをつとめるJ-WAVE「THE HANGOUT」月曜日。前週分のラジオ書き起こしダイジェストをお届けします!


 

■オープニングトーク

宇野 時刻は午後11時30分を回りました。みなさんこんばんは、宇野常寛です。今日は最初に、この1ヶ月僕が考え続けていることについてみなさんに聞いて欲しいと思います。それは、半オタ業界人としての生き様についてです。

半オタ業界人ってみなさんご存じですか? 半分オタクの業界人のことを指す言葉ですね。なんでユーキャンはこれを流行語大賞にノミネートしなかったのかが本当に疑問なくらい、現代のカルチャーというものを表している言葉だと思うんですけれどね(笑)。要するに、出版社とかテレビ局とかレコード会社とか、メディア関係の仕事をしていて、仕事にかこつけて好きなアイドルに鼻の下をのばしている人々のことですね。具体的には光文社の青木さんとか、TBSの竹中さんとか、エピックレコードジャパンの田口さんとかが有名だったりするんですけれども、僕も世間では半オタ業界人のひとりというふうに目されているわけですよ。実際に、自分の雑誌の表紙に松井玲奈さんとか横山由依さんとか秋元真夏さんとかを抜擢して、さんざんデレデレしてきた過去があります。

ただ、最近その半オタ業界人としての自分の生き様に疑問をもってきたんですよ。というか、僕はちょっと半オタ業界人としてヌルすぎなんじゃないかなということを思ってきたんですよね。なんでそんなことを思ったかというと、最近、宇野事務所の若者たちのあいだで、『ガラスの仮面』というマンガがブームなんですよ。もともと僕が好きで、事務所に置いていたんですよね。それをみんなで読み始めて、事務所の若者たちの間で「ガラかめ」ブームが起こったんですよ。僕もその流れで読み返してみたんですけれども、いろいろ考えさせられましたね。そもそも「ガラかめ」のことを知っていますか? スタジオのみんなは知らないみたいですね。70年代にはじまった、まだ完結していない大長編少女マンガなんですよ。で、いっけん平凡な女子中学生のヒロイン・北島マヤちゃんがいて、彼女が昭和の大女優にその才能を見出されて演劇界のスターになっていくという物語なんですよね。

そこに、速水真澄さんという登場人物がでてくるんですよ。で、真澄って名前を聞くと、美少女っぽいじゃないですか。でもこの人、男なんです。大手芸能プロダクションの2代目の若社長です。超絶イケメンで、めちゃくちゃ仕事ができるという、完璧超人みたいな男ですよね。この人は、表向きはヒロインの劇団を潰そうとする悪役なんですよ。でも実は陰で、ヒロインの北島マヤにガチ恋なんです。だから、表向きは嫌がらせとかをしているんだけど、陰では手をかすという役どころなんですよ。

もうね、この速水真澄の生き様について、僕はマンガを読み返したことによって数年ぶりに考えたんですよね。彼は本当に半オタ業界人の鏡だなと思いますね。まず、スケールがでかいんですよ。最初は北島マヤの出番が終わるたびに、紫のバラの花束を送って「いつもあなたをみています。あなたのファンより」という手紙を添えるくらいだったんですよ。でも、途中からもう限度がなくなってくるんですよね。たとえば、北島マヤが演技の練習に集中できないとかで困ったとなると、速攻で別荘をかりるんですよ。そして、紫のバラを添えて「あなたのために別荘を用意しました。ここで演技の練習をしてください」と言っていきなり旅券と一緒に届けたりするんですよね。

あとは高校に入れたりもしていますね。マヤに学費がないことを知ったら即、「いつもあなたをみています。あなたのファンより」とか手紙を添えて、高校に入学させているんですよ。これやばいっすよね。僕の周囲の半オタ業界人もたいがいだけど、さすがに高校にいれたりはしていないですからね。最終的には劇場を建て替えたりしているんですよ。北島マヤが出演する劇場が超ボロいと知った瞬間に、工事の人がすぐにやってきくるんです。そして「いつもあなたをみています。あなたのファンより」という手紙とともに、「あなたのために劇場を建て替えます」とかってなるんですよ。これね、行き着くところまでいった気がするんですよね。

PLANETSの日刊メルマガ「Daily PLANETS」

月額880円(税込)、多くの方は初月無料!

生放送、動画アーカイブをご覧になりたい方はニコニコ動画内「PLANETSチャンネル」へご入会ください!

今すぐ入会する CLICK!
CLICK!