宇野常寛責任編集 PLANETS 政治からサブカルチャーまで。未来へのブループリント

Serial

  • 2018.03.13
  • サブカルチャー,京都精華大〈サブカルチャー〉論,宇野常寛,宇野常寛の対話と講義録

本日発売!宇野常寛『若い読者のためのサブカルチャー論講義録』

本メールマガジンで連載していた宇野常寛の『京都精華大学〈サブカルチャー論〉講義録 』が、『若い読者のためのサブカルチャー論講義録』(朝日新聞出版)として書籍化し、いよいよ本日発売となりました!

電子版はPLANETSより、3月27日(火)の発売を予定しています。 初めて宇野の著書を読む方や、『母性のディストピア』はちょっと難しいなと感じた方の入門書としてもおすすめです。 発売を記念して3月の毎週月曜日に書籍の一部を無料で配信中。(配信記事一覧) 内容が面白いと思った方はぜひ書籍でお読みください。

【書籍情報】
9de83495eafdb1c7eefabeeeb1233494fe3eb011
フィクションとは、まだ存在していないけれど、
未来に存在しうる現実の可能性を探り出すものだ

フューチャリズム=未来志向を再起動するために、
著者が若い世代に向けて論じたサブカルチャーによる世界認識の方法

目次
はじめに

【第一回】〈サブカルチャーの季節〉とその終わり
●〈オタク〉から考える日本社会
●サブカルチャーと戦後社会
●サブカルチャーの時代の到来
●カリフォルニアン・イデオロギーの登場
●サブカルチャーの時代の終焉
●いま、サブカルチャー的な思考を経由する意味
●「オタク」と「カワイイ」の戦後日本
●〈自動車〉と〈映像〉が二〇世紀の社会を作り上げた
●戦後日本のネオテニー性の投影としてのオタク文化

【第二回】 「週刊少年ジャンプ」の終わりなき日常
●戦後日本と男性性の問題
●「アトムの命題」
●トーナメントバトル形式による擬装された成長
●九〇年代半ばに噴出した「トーナメントバトル形式への疑念」

【第三回】 「ジャンプ」の再生と少年マンガの終わり
●樹林伸と「マガジン」の逆襲
●網棚のジャンプ、ラーメン屋のマガジン、漫研のサンデー
●『るろうに剣心』と歴史の終わり
●『銀魂』と戦後日本
●「縦に伸びる」のではなく「横に広げる」アプローチの『ONE PIECE』
●カードゲーム的な価値観の導入︱『遊☆戯☆王』
●「力比べ」から「知恵比べ」へ︱『ジョジョの奇妙な冒険』『DEATH NOTE』
●ゼロ年代「ジャンプ」の総決算としての『HUNTER×HUNTER』

【第四回】 補論:少年マンガの諸問題
●『バクマン。』の七峰くんは本当に「悪」なのか?
●高橋留美子とさまよえる男性性

【第五回】 坊屋春道はなぜ「卒業」できなかったか
――「最高の男」とあたらしい「カッコよさ」のゆくえ
●『クローズ』とヤンキーマンガのカッコよさ
●坊屋春道は「卒業」できない
●「成長」から「モラトリアムの楽しさ」へ︱『頭文字D』
●少年マンガは「ビジョン」を示せていない

【第六回】 〈鉄人28号〉から〈マジンガーZ〉へ
――戦後ロボットアニメは何を描いてきたか
●戦後日本で奇形的な進化を遂げた「乗り物としてのロボット」
●男の子が「ミリタリー」に見た夢︱『鉄人28号』
●「乗り物としてのロボット」と成長願望︱『マジンガーZ』
●おもちゃとロボットアニメの蜜月関係

【第七回】 富野由悠季とリアルロボットアニメの時代
●ロボットアニメにリアリズムを持ち込んだ『無敵超人ザンボット3』
●『機動戦士ガンダム』はロボットの意味を変えた
●「三角関係のBGM」としての最終戦争︱『超時空要塞マクロス』
●ガンダム以降のロボットアニメ︱『装甲騎兵ボトムズ』『聖戦士ダンバイン』

【第八回】 宇宙世紀と「大人になれないニュータイプ」
●「キレる若者」カミーユが迎えた衝撃の結末︱『機動戦士Zガンダム』
●成長物語を露悪的に否定した『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』

【第九回】 戦後ロボットアニメの「終わり」のはじまり
●ロボットの意味が脱臭された『機動警察パトレイバー』
●戦後ロボットアニメの総決算『新世紀エヴァンゲリオン』
●九〇年代半ばに臨界点を迎えたロボットアニメ

【第十回】 碇シンジとヒイロ・ユイの一九九五年
●ロボットアニメを書き換えた一九九五年の『新機動戦記ガンダムW』
●『聖闘士星矢』から『鎧伝サムライトルーパー』、そして『ガンダムW』へ

【第十一回】 「世界の終わり」はいかに消費されたか
――〈宇宙戦艦ヤマト〉とオカルト・ブーム
●冷戦下のリアリティと『宇宙戦艦ヤマト』が描いたもの
●「SFであることの意味」を脱臭した松本零士アニメと第一次アニメブーム
●SFに代わって浮上した「オカルト」というモチーフ

【第十二回】 教室に「転生戦士」たちがいた頃
――「オカルト」ブームとオタク的想像力
●つのだじろうとサブカルチャーとしての「心霊」
●八〇年代オカルトブーム絶頂期と『ぼくの地球を守って』
●「核戦争後の未来」をモチーフにした『風の谷のナウシカ』『北斗の拳』
●超能力描写と終末感を合流させた『AKIRA』

【第十三回】 ラブコメと架空年代記のはざまで
――『完全自殺マニュアル』と地下鉄サリン事件
●八〇年代ラブコメの空気と『きまぐれオレンジ☆ロード』
●八〇年代末の宮﨑勤事件と過去最大のオタクバッシング
●『完全自殺マニュアル』『終わりなき日常を生きろ』に見る八〇年代の時代精神
●様々な世界宗教やサブカルチャーのガジェットをミックスしたオウム真理教
●オウム真理教の暴走と「世界ではなく自分を変える」思想の敗北
●地下鉄サリン事件、『新世紀エヴァンゲリオン』、Windowsの一九九五年

【第十四回】 ナデシコとウテナ︱第三次アニメブームの風景
●『機動戦艦ナデシコ』と『少女革命ウテナ』︱第三次アニメブームの双璧
●アニメで近代文学的な内面を描こうとした『少女革命ウテナ』

【第十五回】 「セカイ系」と『機動戦士Vガンダム』の呪縛
――戦後アニメーションの描いた男性性
●「結末でアスカにフラれないエヴァ」としてのセカイ系作品群
●戦後アニメの自己破壊としての『機動戦士Vガンダム』

【第十六回】 セカイ系から日常系へ
――〈涼宮ハルヒ〉とオタク的想像力の変質
●涼宮ハルヒの本音
●プレ『涼宮ハルヒ』としての『リンダ リンダ リンダ』
●新しいタイプのオタクの自画像としての『らき☆すた』
●理想化された日常を描いた『けいおん! 』

【第十七回】 震災後の想像力とアニメの未来
●オタクのカジュアル化と『電車男』のヒット
●『マクロス』の光景を現実化させてしまった東日本大震災
●〈現実=アイドル〉が〈虚構=アニメ〉を追い越した
●「世界の終わり」が終わった後にアニメーションは何を描くべきか

【第十八回】 日本的〈アイドル〉の成立と歌番組の時代
●「アイドル」は日本にしかいない?
●七〇年代草創期のアイドルたち︱キャンディーズ、ピンク・レディー、山口百恵
●八〇年代アイドルブーム全盛期︱松田聖子、中森明菜、小泉今日子

【第十九回】 角川三人娘とおニャン子クラブ
●斉藤由貴、南野陽子、浅香唯を世に送った『スケバン刑事』
●「テレビアイドル」へのカウンターだった角川映画と薬師丸ひろ子、原田知世
●おニャン子クラブの衝撃とアイドルブームの終焉
●九〇年代、拡散していくアイドルシーン

【第二十回】 〈メディアアイドル〉から〈ライブアイドル〉へ
――情報環境の変化とAKB48のブレイク
●歌謡曲的なアプローチを復活させたモーニング娘。
●Perfumeは地方アイドルだった
●AKB48はなぜブレイクできたのか

【第二十一回】 AKB48は〈戦後日本〉を乗り越えられたか
●ブレイク期のAKBを象徴する「大声ダイヤモンド」「RIVER」
●ドームコンサートと前田敦子の卒業で迎えた最初のクライマックス
●下克上のAKBを体現した指原莉乃と「恋するフォーチュンクッキー」
●〈ライブアイドル〉から〈メディアアイドル〉へ回帰していくAKB
●ブレイク後のAKBに立ちはだかる「戦後日本の芸能界」という壁
●AKBによって活性化した一〇年代アイドルシーン
●欅坂46「サイレントマジョリティー」に込められた大衆批判の意図

【最終回】 文化のノスタルジー化と三次元化する想像力
●〈情報〉から〈体験〉〈コミュニケーション〉へ
●三国志で考える現代J‒POPの勢力図
●ノスタルジー化する音楽・映像産業
●コンピュータによって「世界を変える」ことが再び可能になった
●「実際に変形できるもの」を作るデザイナーたち
●「虚構」の二つの役割
●日本のマンガ・アニメに脈々と受け継がれていたフューチャリズム

おわりに

ご購入はこちらから
紙 (朝日新聞出版)本日発売
電子(PLANETS)3月27日(火)発売

109fd18e5bdfda61d916b5950dd2cbcebb6a71f4

チャンネル会員の皆様へ
PLANETSチャンネルを快適にお使いいただくための情報を、下記ページにて公開しています。
http://ch.nicovideo.jp/wakusei2nd/blomaga/ar848098
(1)メルマガを写真付きのレイアウトで読む方法について
(2)Gmail使用者の方へ、メルマガが届かない場合の対処法
(3)ニコ生放送のメール通知を停止する方法について
を解説していますので、新たに入会された方はぜひご覧ください。
! 違反報告

関連記事・動画