宇野常寛責任編集 PLANETS 政治からサブカルチャーまで。未来へのブループリント

Serial

  • 2018.04.03
  • 周庭

御宅女生的政治日常――香港で民主化運動をしている女子大生の日記 第15回 香港の未来のため、岐路に立つ民主派

香港の社会運動家・周庭(アグネス・チョウ)さんの連載『御宅女生的政治日常――香港で民主化運動をしている女子大生の日記』。3月11日の補欠選挙出馬無効を言い渡された周庭さんでしたが、急遽民主派の代表として立候補した区諾軒(アウ・ノックヒン)氏の応援活動をすることになりました。同氏の当選、楽観視できない香港の政治状況について、選挙戦を振り返りながら解説します。(翻訳:伯川星矢)

a591cb662644f1c72fc7a50bc76d2478468fb4cd

数日前に立法会の補欠選挙が終了しました。4つの議席のうち、民主派が勝ち取ることができたのはわずか2席でした。「悪くない結果ではないか」と思われる方もいるかもしれません。そこで、今回の補欠選挙の背景について改めてご説明したいと思います。

1年前、民主派議員6人が全人代の基本法解釈と政府の司法審査により、議員資格剥奪となりました。今回の選挙は、このうちの4つの空席を埋めるために行われました。つまり、これらの議席は本来民主派が2年前の立法会選挙で勝ち取っていたはずのものだったのです。政権が市民の選択を無視して強引な資格剥奪が行ったりしなければ、この6人の議員は今も議事堂の中で政府を観察し、政策の審議に携わっているはずでした。

b548e6863cb1f7424eadd69d11b7bf1281ba4931

この記事の続きは、有料でこちらからお読みいただけます!
ニコニコで読む >>
noteで読む >>

関連記事・動画