宇野常寛責任編集 PLANETS 政治からサブカルチャーまで。未来へのブループリント

Serial

  • 2017.12.12
  • 周庭

御宅女生的政治日常――香港で民主化運動をしている女子大生の日記 第12回 3月11日の補欠選挙へ向けて/ストラスブールでの国際フォーラム

香港の社会運動家・周庭(アグネス・チョウ)さんの連載『御宅女生的政治日常――香港で民主化運動をしている女子大生の日記』。先日、来年3月の補欠選挙への立候補を前向きに検討していると表明した周庭さんが、その心境を語りながら、先月のストラスブールでの国際フォーラムを振り返り、国際的なつながりを深める意義について考えます。(翻訳:伯川星矢)

3月11日の補欠選挙へ向けて

12月4日の夜、わたしはFacebookで来年行われる香港島区の立法会補欠選挙への立候補を前向きに検討することを発表しました。この補欠選挙は、香港政府による民主派議員の議員資格剥奪に端を発するものです。わたしが立候補しようとしている選挙区は、先日香港衆志の主席ネイサン・ローが解任された議席です。

今回の選挙戦は候補者同士の争いではなく、陣営・政治理念の争いになるでしょう。議員は資格剥奪で解任される事態が起こり、意を唱える人は監獄へ送られ、立法会はもはや全人代のものになりつつあるこの険しい時代です。そこでも、香港人は選択をしなければなりません。政府を監督できる議会を求めるのか、それとも非民主かつ高圧的な政府が統治する社会を求めるのか。全身全霊で市民の権利を守る議員を選ぶのか、それとも中国の利益を優先するあやつり人形を選ぶのか。

選挙は来年の3月11日。これからは厳しい戦いとなりますが、命を賭けてこの戦いに挑みます。

フランス・ストラスブールでの国際フォーラム

先月、わたしはフランスのストラスブールに向かいました。

yiULhTtUbujOvW5LRlxIHQE4iIoueM4IiG5npjx1

今年のWorld Forum for Democracyに招待していただく幸運に恵まれ、世界各地の社会運動組織や政党の代表、メディア関係者たちと、民主主義・政党運営・メディア運営などの意見交換を行うことになったのです。香港からストラスブールの宿泊先のホテルへ行くためには、まず飛行機でパリへ行き、それから電車に乗って、さらにトラム乗り換える必要がありました。ところが、トラムを降りてからSIMカードが不調でWiFiが見つからず、Google Mapを使うことができなくて、道に迷ってしまいました。ホテルは駅から5分ほどの距離だったはずなのですが、最初に降りた駅からずいぶん離れてしまい、一つ先の駅まで歩いてしまいました。どうしようもなく、周りの人たちに聞くことにしました。

2uvmu1jMslf_HE4rXuYmaz71CaKbg1laPI3M7F74

この記事の続きは、有料でこちらからお読みいただけます!
ニコニコで読む >>
noteで読む >>

関連記事・動画