宇野常寛責任編集 PLANETS 政治からサブカルチャーまで。未来へのブループリント

Serial

  • 2016.07.28
  • 加藤るみ,映画館(シアター)の女神

加藤るみの映画館(シアター)の女神 2nd Stage 第2回『遠い空の向こうに』『裸足の季節』『羊たちの沈黙』 【毎月第4木曜配信】

今朝のメルマガは、加藤るみさんの連載『加藤るみの映画館(シアター)の女神 2nd Stage』第2回をお届けします。今回取り上げるのは、るみさんが「前向きになれる」と語るロケットエンジニアの自伝的作品『遠い空の向こうに』、自由を求めるトルコの少女たちの戦いに目頭が熱くなる『裸足の季節』、そしてサイコサスペンスの傑作『羊たちの沈黙』です。


▼執筆者プロフィール
加藤るみ(かとう・るみ)
1995年3月9日生まれ。岐阜県出身。サンミュージックプロダクション所属のタレント。映画鑑賞をはじめ、釣り、世界遺産、料理、カメラ、アニメと多趣味を活かしてマルチに活躍中。インターネットラジオK’z Station『おしゃべりやってま~すRevolution』にレギュラー出演中。雑誌『つり情報』でコラムを連載中。7月9日には『マリンフェスタ2016』で一日艇長を務める。
本メルマガで連載中の『加藤るみの映画館(シアター)の女神』、過去記事一覧はこちらのリンクから。
前回:加藤るみの映画館(シアター)の女神 2nd Stage ☆ 第1回『デッドプール』『シング・ストリート 未来へのうた』
picture_pc_c5714189e457ba1d9fd5c89190d0ca0b

夏がやってきました!
皆さん、夏といえば何が思いつくでしょうか?

海、お祭り、キャンプ、花火、フェスなどなど、
たくさんイベントがあるかと思います。

今、私が一番に思いつくものは……

登山!です。
登山に挑戦したい、加藤るみです。

最近、「山に登ってみたい」という本当にふわっとした野望が生まれました。
その野望の発端は、「人生で一度は富士山に登りたい!!」というところから来ているのですが、
今まで一度もちゃんとした登山をしたことがない私……。

この夏、まずは超初心者でも登れる山を見つけて、
登山というよりは、ハイキングという形で挑戦してみたいと思います。

映画コラムなのに、いきなり登山について語り出してしまいすみません(笑)
この夏に挑戦してみたい、私の秘めた野望でした。

さて!!

今回は、純粋に前向きになれる映画『遠い空の向こうに』と、
麗しい少女たちの戦いに目頭が熱くなる『裸足の季節』、
私が観ると決意するまでに3年以上も時間がかかってしまった傑作『羊たちの沈黙』をご紹介します!

~夢を持とう~

『遠い空の向こうに』
picture_pc_8dfe827be55ac8668ac8c648d8c39080
出典

今回、最初にご紹介する映画は、炭鉱の町で生まれ育った少年たちが、
ロケットを飛ばすことに情熱を捧げ、夢に向かっていった熱い物語です。

実はこのお話は実話で、NASAのロケットエンジニアであるホーマー・ヒッカムの自伝を元に作られた映画なのです。

今、夢が見つからない、夢がわからないという人にぜひ観てもらいたい作品です。

「夢を持とう」って気持ちになれる、心を動かすキッカケをくれる、素敵な映画でした。

PLANETSの日刊メルマガ「ほぼ日刊惑星開発委員会」

月額864円(税込)、多くの方は初月無料!

生放送、動画アーカイブをご覧になりたい方はニコニコ動画内「PLANETSチャンネル」へご入会ください!

今すぐ入会する CLICK!
CLICK!

関連記事・動画