宇野常寛責任編集 PLANETS 政治からサブカルチャーまで。未来へのブループリント

Serial

  • 2016.08.18

加藤るみの映画館(シアター)の女神 2nd Stage ☆ 第3回『ショート・ターム』『マン・アップ 60億分の1のサイテーな恋のはじまり』【毎月第3木曜配信】

今朝のメルマガは、加藤るみさんの連載『加藤るみの映画館(シアター)の女神 2nd Stage』第3回をお届けします。今回取り上げるのは、人の温かさに包まれるヒューマンドラマ『ショート・ターム』、るみさんが久しぶりに映画館で大笑いしたという『マン・アップ 60億分の1のサイテーな恋のはじまり』の2本です。


 
▼執筆者プロフィール
加藤るみ(かとう・るみ)
1995年3月9日生まれ。岐阜県出身。サンミュージックプロダクション所属のタレント。映画鑑賞をはじめ、釣り、世界遺産、料理、カメラ、アニメと多趣味を活かしてマルチに活躍中。インターネットラジオK’z Station『おしゃべりやってま~すRevolution』にレギュラー出演中。雑誌『つり情報』でコラムを連載中。
 

本メルマガで連載中の『加藤るみの映画館(シアター)の女神』、過去記事一覧はこちらのリンクから。

前回:加藤るみの映画館(シアター)の女神 2nd Stage ☆ 第2回『遠い空の向こうに』『裸足の季節』『羊たちの沈黙』

 
ALgRJNRh7fb8G-VmqX3wEqPZcrOnL6bD9Nw_Fwxl
 
どうも! 加藤るみです。
 
今回は、「とにかく観てほしい!! とにかく観てくれ!!」という私の想いが詰まった 、
加藤るみゴリ推し作品を紹介します!!(笑)
 
人の温かさに包まれる珠玉のヒューマンドラマ『ショート・ターム』と、
「恋愛したい!」「笑いたい!」という大人に届けたい、
ハチャメチャラブコメディー『マン・アップ 60億分の1のサイテーな恋のはじまり』。
 
痛い映画とイタイ映画、それぞれ“いたい”の意味は違うけれど、
どちらも素晴らしい2作品をお届けします。
 
~痛いけど優しい
人を想う映画~
 
『ショート・ターム』
njncDH9jx6y7Qpmqif_6t-ki-4R2jc31lnF2GoQy
出典
 
「心が痛むのに、なんでだろう? すごくスッキリする。後味が良すぎる」
……そんな映画に出会いました。
今、一番オススメしたいほっこりムービーです。
 
物語の舞台は、心に傷を負ったティーンエイジャーをケアする短期保護施設“ショート・ターム12”。
痛みを抱えた子供たちと施設の大人たちが、それぞれ全力で生きる姿に涙がこぼれました。
 
★るみの注目ポイント
 
①人を想うことは簡単。だけど難しい。
 
『ショート・ターム』は観終わった後に、
そばにいる誰かにそっと寄り添いたくなるような、優しさに溢れた作品でした。
周りの人に思いやりや優しさを持って接することはもちろん大切だけど、
単にそれだけでいいわけではない、ということに気づかされます。
「相手に“何を”“どうして”あげればのいいのか?」
「優しさの形ってなんだろう?」
と、何度も問いかけられているような気がしました。
特に、この作品に登場する子供たちは
10代というとても過敏な時期である上に、
家庭の事情で心に傷を負っていて、
それによって苦しんでいる姿が映し出されるから、とにかく胸が痛む。
でも、よくあるお涙ちょうだい感は全くないんです。
特に私が印象に残ったシーンは、マーカスという少年の、
母親へ向けた憎しみや恨みが詰まったラップ。
それを聞いた時には、胸が張り裂けそうな気持ちになりました。

PLANETSの日刊メルマガ「ほぼ日刊惑星開発委員会」

月額864円(税込)、多くの方は初月無料!

生放送、動画アーカイブをご覧になりたい方はニコニコ動画内「PLANETSチャンネル」へご入会ください!

今すぐ入会する CLICK!
CLICK!

関連記事・動画