宇野常寛責任編集 PLANETS 政治からサブカルチャーまで。未来へのブループリント

Serial

  • 2016.01.07
  • 橘宏樹

サンデル教授の「白熱教室スタイル」では足りない!? オクスフォード教育の本質は「ネオ・パターナリズム」にあり (橘宏樹『現役官僚の滞英日記:オクスフォード編』第3回)

本日は英国留学中の橘宏樹さんの連載『現役官僚の滞英日記』の最新回をお届けします。
橘さんがオクスフォードの教育に触れるなかで見えてきた、この大学独特の知の流儀とは? 『ハーバード白熱教室』のサンデル教授の授業スタイルと比較しつつ、「教師と学生の関係」がいかにあるべきかを考察します。


こんにちは。橘です。オクスフォードでも第一学期が終了しました。多少宿題が残っているものの、大学も街もクリスマス気分に包まれています。同級生も次々に帰省したり旅行に出かけたりしています。僕には官庁派遣の制限があって、日本には戻れないのですが、親友の来訪があったり、またドイツなどに旅行に出かけたりしようと思っています。

ktM-yWxt5AzpeijcFjVXkWCAh8VJidnhrB0_F0Gd
▲ディバ二ティ・スクール内でのクリスマスキャロル演奏会

 また、昨年度は、ロンドンにあるLSE(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカルサイエンス)という学校の行政関連のコースで学んでいたのですが、先日卒業式があって参加してきました。(匿名性を守るためずっと伏せてきましたが、無事卒業できたことを機会に、また今後、より具体的な話をしやすくするため、今回明らかにしたいと思います。)
 天気は悪かったのですが、修了証書を受け取り、借り物のアカデミックドレスを着て、6月の卒業試験以来久しぶりに再会するクラスメイトと写真を撮ったりするなかで、課題に追われ徹夜続きで心が折れそうになったこと、ヨーロッパでは許認可権という行政権力の源泉とも言える重要な機能が省庁から民間やEUにかなり委託されていることを知って驚いたこと、褐色、赤毛、様々ながらキリっとしてゴージャスな美人がたくさんいたこと(オクスフォードもそうですけれど)、などなど、様々な想い出が去来して感慨深かったです。

 僕はこれまで、東京大学(学部及び大学院)とLSEとオクスフォードで高等教育を受けてきたわけなのですが、第二部オクスフォード編では主に、これら三校での体験を比較しつつ、ざっくりと、オクスフォードの教育とは何か、についてつらつら考えています。最近、そのひとつは、言うなれば「ネオ・パターナリズム」ということなのではないか。そしてこれは、大学教育論一般を考える上でも大事な視点なのではないか、と思うに至りましたので、今回はこれについて書こうと思います。

 ネオ~の前に、そもそもパターナリズム(父権主義・家父長主義)とは何でしょうか。Wikipediaによれば「強い立場にある者が、弱い立場にある者の利益になるようにと、本人の意志に反して行動に介入・干渉すること」と定義されています。この概念は、元来、国家権力などが個人の自由を制限する際の正当性を説明する際に用いられるものですから、大学は生徒が自ら望んで師の指導に服しているので、問答無用な国家権力と個人の力関係とは根本的には異なります。
 しかし、必ずしも生徒全員の学習意欲や能力が最高に高いわけではない教育現場において、上下関係を前提に教師がどのように生徒を導くか、教育効果を最大化するか、という点で構造は似ていると思いますから、この概念は少なくとも比喩として便利だと思われます。
 なので、ネオ・パターナリズムという語は、本稿限りの僕の造語としてご理解ください。英語圏では、Neo-Paternalism、という学術単語は上記のように「お節介な」行政施策を論じる文脈で用いられているようですが、今のところ日本語ではあまり使われていない言葉のようです。

ImwL5UeRXMyeftQnE6Pyj68Kst-Oqjc2ty5u3QOT
▲LSE卒業式でのクラスメイト達

■ 教育におけるパターナリズムの三類型仮説

 教育におけるパターナリズムのスタイルは、三類型に整理できるのではと思いました。古典的パターナリズム、欺瞞的パターナリズム、ネオ・パターナリズムです。これらは多少、順に発展段階的である一方、併存可能な教育スタイルでもあります。

(1)古典的パターナリズム

 まず、一つ目は、古典的パターナリズムによる教育です。この立場は基本的に、無知蒙昧な生徒たちに知識を伝授しなければならない、また生徒の側も、知らないことを知りたい、詰め込みたい、という状況に出発します。ゆえにインプット重視で、形式も大抵マス・プロ講義型であり、マニュアルや教師の主張をインストールするという種類の教育スタイルを取ります。
 大学入試までのペーパー試験における受験競争の勝ち組は、こうした教育方式において強さを発揮してきた連中です。講義に対して質問はありえても、批判することは必ずしも促されず、壇上からの一方的な講義がもたらす師弟関係は自然、権威主義的になりがちです。これは、最先端の知識を共有したり、大人数の知識量を短期に底上げしたりするには最も手っ取り早い方式です。
 また、オムニバス形式で多様な視点を紹介する講義内容であれば視座の多角性も維持できますし、講師の話の上手さや内容次第で、生徒の満足度を高めることも可能です。しかし概して「聞くだけだと眠い」「退屈」「自分で考える力が養われない」「アウトプット能力が育たない」などの批判があり、こういうスタイルを取る教師は昨今、普通はあまり人気がありません。
 まあ、よくある話を述べております。ちなみに、LSEは教育機関というよりも最先端の研究機関という性質が強いからか、教授というよりも、多忙な「主任研究員」に貴重な時間を割いてもらって、効率的にその最先端の識見を吸収する場所という感じがありました。そういう意味では、この古典的パターナリズムの色彩が強い学校だったように思います。

(2)欺瞞的パターナリズム

 上記の古典的パターナリズムの持つ限界を克服するために、よりインタラクティブな、すなわち教師と生徒や生徒同士が双方向的な議論をしていくスタイルが積極的に導入されることになります。たいてい少人数のゼミナール形式で、活発な発言が評価に加味されたり、生徒に多くの発表の機会が与えられます。見る限り、日英の多くの大学の文系学科では、上記の講義形式とこのゼミナール形式を併用する方式が今日一般的だと思います。
 双方向な授業形式として最も典型的なものは、かの有名なハーバード大学マイケル・サンデル教授の「白熱教室」でしょう。重たい、具体的な、いかにも意見が分かれそうな問いを与え、生徒に考えさせ、意見を自由に発言させ、最後に教授がエレガントに「まとめあげる(wrap up)」授業。軽妙なやりとりのなかで、笑いもこぼれ、参加意識も高まり、最後にはキレも深みもある教授のまとめにうっとりします。教授にものすごい力量がなければ不可能な素晴らしい授業です。特に、あの大人数の教室で双方向なやりとりをマネジメントするのは大変な所業です。ちなみに東大でも、僕が居た十数年前から一部の人気教授はまさにそのような講義を展開していました。どんな突飛な学生の発言にも柔軟に対応する様は大変鮮やかでカッコよく、みなが先生をキラキラとした憧れの目で見つめていたのをよく覚えています。

 しかし、これらのインタラクティブな講義・ゼミは、確かに自分たちで考えさせる段階を取り入れてはいますが、投げかける設問文をコントロールすることで、学生の回答の行方も計算できますし、生徒の回答が過去の偉大な学者達の辿った思考の足跡の範囲を出ることはほとんど不可能です。結局のところ、双方向性によって参加意識を高める仕掛けはインプットの有効な補助に過ぎない、という言い方もできると思います。マイケル・サンデルの白熱教室であれば、学生に思考や発言を促していても、創造性や独自性を育むというより、哲学史の歩みを追体験させているに過ぎない「出来レース」的な構成であるとも言えると思います。
 そして、よく予習してきた学生や勘や洞察力に優れた学生からすれば、白熱教室の問いにはこう答えればこういう限界があり、反論にはいくつかの立場があって、それぞれはこう答えるだろうから云々、と論理的な展開の先が「見える」ので、よりまともな発言をしようとすると、一回の発言が長くなってしまいます。極論すれば、最後の先生の「まとめ」を代弁してしまわねばならなくなります。裏を返せば、迂闊で断片的な発言ほど、先生の授業意図に沿う発言に見え、賢く博識な学生ほど発言を控えがちになります。そう考えると、あの大人気講義の「白熱」は、ある意味では、なんだか全体として仕組まれた茶番に見えてくる感すらあります。こういう、アウトプットを促しつつもアウトプットを訓練しているわけではなく、押し付けてはいないよーという体を取りつつ計算づくの誘導があり、自分の頭で考えさせているようであっても、創造性や個性の育成よりはあらかじめ用意された風呂敷の中に包み込もうとする点では、なんだか欺瞞的にも見えるので、僕はこれを敢えて揶揄的に「欺瞞的パターナリズム」と呼びたいと思います。

 さらに、こうしたインタラクティブ系講義では大抵の場合、教授はその問いに対して自分の答えを述べません。述べたとしても、重要なのに世間一般で見落とされがちな論点や相対化されるべき固定観念を指摘したりすることにとどまりがちです。自著や講演など他の機会においてはともかく、授業内では、整理したり「まとめたり」はしても、総合的な「オレの答え」をあまり言いません。なぜなら、こうした授業は、暗黙のうちに前提にしていた概念や偏見の存在に気づかせること、社会通念を疑うこと、すなわち懐疑主義に目覚めさせることを主眼にしているからです。この姿勢は、確かに、大衆の中に思考停止しない人間を増やし、主体的な知性を啓蒙したりする市民教育において、非常に効果的だし、社会的な意義は大きいと思います。また、リサーチ結果の裏付けを得て自説を主張する社会学や経済学等とは異なり、政治学、哲学、歴史学など解釈を巡る類の学問においては、懐疑主義こそ永遠の本質と言えるのかも知れません。

   しかし、この懐疑主義への覚醒を主眼とした欺瞞的パターナリズム教育は、既に充分懐疑的な知性に対するエリート教育という点ではどうでしょうか。特に、高学歴の人材ほど組織でリーダーシップを担わせられがちな世相にあって、最高学府が施すリーダーシップ教育としては「理性の目覚めを促す」ことだけで十分でしょうか。僕は、リーダーに必要な、ある結論に必ず付随する限界や欠点を認識しながらも決断を行うチカラ、そしてその負の側面をも引き受けて何とかマネジメントしていくチカラは、懐疑主義に覚醒するだけでは養えないように思われてなりません。

PLANETSの日刊メルマガ「Daily PLANETS」

月額864円(税込)、多くの方は初月無料!

生放送、動画アーカイブをご覧になりたい方はニコニコ動画内「PLANETSチャンネル」へご入会ください!

今すぐ入会する CLICK!
CLICK!

関連記事・動画