宇野常寛責任編集 PLANETS 政治からサブカルチャーまで。未来へのブループリント

Serial

  • 2017.09.08

根津孝太『カーデザインは未来を描く』10月7日発売!

業界の錚々たるメンバーが大推薦!

内山田竹志氏 (トヨタ自動車・代表取締役会長)

大河原邦男氏 (メカニックデザイナー)

奥平総一郎氏 (ダイハツ工業・代表取締役社長)

片山右京氏 (元F1ドライバー)

孫泰蔵氏 (連続起業家)

この本のポイント

1.車産業の未来がわかる

2.車の歩んだ歴史がわかる

3.最先端のニュースがわかる

書籍紹介

21世紀に必要なのは「もっと遅い自動車」だ。
AI、シェア、自動運転――。

大変革のなか、車社会はどこへ向かうのか。

気鋭のカーデザイナーが、
自動車の過去を紐解き、
未来を解き明かす。

起業家やビジネスマン、デザインに興味がある人、
そしてもちろん車好きの方にもオススメの一冊だ。

◼︎目次

はじめに

第1部 カーデザインとは何か
-第1章 カーデザインという思考
-第2章 カーデザインとモビリティの変遷史

第2部 スポーツカーの系譜
-第3章 スポーツカーブームを彩った幻の名車たち
-第4章 「速さ」がデザインに宿るとき、伝説が生まれる
-第5章 「正義」に背を向け「美学」を目指す身体

第3部 自家用車の近現代史
-第6章 一億総中流はファミリーセダンの夢を見るか
-第7章 自動車がもっと人間に近づくとき
-第8章 そして小さいクルマは立派になった
-第9章 21世紀に必要なのは「もっと遅い自動車」だ

第4部 カーデザインの想像力
-第10章 「人間の拡張」を目指した水陸両用車
-第11章 アメリカ西海岸より愛を込めて
-第12章 9・11でアメ車文化はどう変わったか
-第13章 クルマがファッションを纏うとき
-第14章 「今ここ」を未来にするタイムマシン
-第15章 現実を目指して疾走するフィクション

あとがき

◼︎著者プロフィール

根津孝太(ねづ・こうた)


1969 年東京生まれ。千葉大学工学部工業意匠学科卒業。トヨ タ自動車入社、愛・地球博『i-unit』コンセプト開発リーダー などを務める。2005年(有)znug design設立、多くの工業製 品のコンセプト企画とデザインを手がけ、企業創造活動の活性 化にも貢献。賛同した仲間とともに「町工場から世界へ」を掲 げ、電動バイク『zecOO(ゼクウ)』の開発に取り組む一方、 トヨタ自動車とコンセプトカー『Camatte(カマッテ)』などの 共同開発 も行う。2014年度よりグッドデザイン賞審査委員。

◼︎書誌情報

タイトル カーデザインは未来を描く
著者 根津孝太
価格 2800円+税
出版社 PLANETS/第二次惑星開発委員会
発売日 2017年10月7日

BASEでの早期購入限定で三大特典!

10月4日(水)17:00までにBASEで購入申込をした方限定で特典をご用意しました

1) 発売日にお届け!
 10月4日(水)の17:00までのお申し込みで発売日にお届けします。
2) どこよりも安くお届け!
 定価3,024円の本書を、期間限定価格、2800円(送料/消費税込)に!
3) 根津孝太さん描き下ろしイラストポストカード3枚をプレゼント!

BASEでのご購入申込はこちらから

【書店員様へ】

お取り扱いに関するお問い合わせは、販売担当までお気軽にどうぞ!
客注1部から委託まで、ご相談ください。
注文書はこちらからダウンロードできます(pdfファイル)。
※直販商品です
tel:03-5985-0311、070-6449-6489
fax:03-5985-0312
mail:info(アットマーク)wakusei2nd.com