宇野常寛責任編集 PLANETS 政治からサブカルチャーまで。未来へのブループリント

Serial

  • 2016.04.25
  • J-WAVE,THE HANGOUT,THEHANGOUT書き起こし,YouTube,宇野常寛

月曜ナビゲーター・宇野常寛 J-WAVE「THE HANGOUT」4月25日放送書き起こし!

大好評放送中! 宇野常寛がナビゲーターをつとめるJ-WAVE「THE HANGOUT」月曜日。前週分のラジオ書き起こしダイジェストをお届けします!



▲先週の放送はこちらからご覧いただけます!

★「THE HANGOUT」月曜日イベント情報
5/28(土)開催! PLANETS+J-WAVE「THE HANGOUT」サマーウォーキング in 小網代の森
リスナーの皆さまと宇野常寛で、三浦半島の小網代の森を散策しましょう!
詳細・応募はこちらから→ http://wakusei2nd.com/series/4450

■オープニングトーク
宇野 時刻は午後11時30分を回りました。みなさんこんばんは、宇野常寛です。松岡茉優さん、今夜も生放送お疲れ様でした。僕の見立てだと松岡さんの存在はいい意味でKY(空気読めない)ですよ。松岡茉優という存在がその空間に介在すると、もうその事実だけで場の空気は完全に彼女のものになるんです。松岡さんが一声発した瞬間にその空間は松岡さんの美に奉仕するためだけのものになるんですよね。世界は松岡茉優のために奉仕する。今の僕がまさにそうですよ。僕も奉仕するだけの存在に成り下がってるわけですね。あっ! 今週も投げキッスもらった! もうこの特権を手放したくないから、この仕事にしがみついてるようなもんですね、本当に。まあ、いま『AVALON』でKY法案という話がありましたけれど、僕なんて毎週KYって呼ばれてますね。木曜日にスッキリに出るたびに、「お前みたいなKYがテレビに出るな」みたいな罵倒メールがバンバンTV局に来てるらしいですしね。たしかに僕はある意味KYスキルとか超高いですよ。オシャレなJ-WAVEで毎週アニソン流してますからね。
さて、今日も『スッキリ!!』の話から始めようと思うんですが、『スッキリ!!』で4月から「スッキリジャッジ」というコーナーが始まったんですよ。毎週1つか2つ、それこそ『AVALON』みたいにお題が出て、それに対してMCの加藤浩次さんとハリセンボンの近藤春菜さん、コメンテーターの4人が回答するコーナーでして。たとえば「安保法制、アリかナシか?」というような設問が出て、アリの札かナシの札のどちらかを出して、「それはなぜですか?」と話を振られるので、自分の意見を言って議論するんですね。そして僕らが議論している間に、視聴者の皆さんがアンケートでアリかナシかのどちらかに投票してもらって「お、若干アリの方が多かったですね」という感じの構成なんです。
その「スッキリジャッジ」の先週のお題が「子供の就職活動に親が口を出すのはアリかナシか」だったんですよ。最近、親の反対で内定を辞退する学生が出てこないように「オヤカク」といって、親に「本当に弊社に来てくれますよね」と確証を取るという文化が企業にあるらしいんですね。まずその実態を取材したVTRがあって、こういった「オヤカク」のような動きもあるようですが、就職先からもらった内定を親の意見で蹴るのはアリですかナシですか、ということで、朝の打ち合わせの時点では「親の意見で就活生が内定先を蹴るのはアリかナシか」という設問だったんですよ。

この記事の続きは、有料でこちらからお読みいただけます!
ニコニコで読む >>
noteで読む >>