宇野常寛責任編集 PLANETS 政治からサブカルチャーまで。未来へのブループリント

Serial

  • 2019.04.16
  • 鷹鳥屋明

鷹鳥屋明「中東で一番有名な日本人」第18回 断交後のそれぞれの国〜牛乳とパトリオットミサイル〜

鷹鳥屋明さんの連載『中東で一番有名な日本人』。前半は断交後のカタール国内の様子です。現在、中東5カ国との交流を断っているカタールですが、トルコなどの支援と自国産業の育成により、物資は充分に供給されている様子です。後半は中東の武器見本市「IDEX」と最新の武器輸出状況から、中東諸国の軍事的パワーバランスを読み解きます。

断行後に勃興するカタール地場企業

第2回(参照)、第10回(参照)の記事でサウジアラビア、アラブ首長国連邦とカタールの断交について書かせていただきました。
私も所用があり断交後のカタールを久しぶりに訪問致しました。その中で第2回目の表紙写真を飾ったネオジオを楽しんでいたカタールのオタクや、カタールの友人たちと断行前後の様子を聞いたり、生活の変化について聞いたりしました。景気という点では断交の影響を受けた物資の高騰が考えられますが、政府の支援が入るので庶民の生活には大きな影響がない様子でした。

84bfd82f371fd53f9c06c08cc1fd8b0ce0feb4ad
▲カタール内にあるSPARのスーパーマーケット

スーパーマーケット内にあるものの多くは主にオマーン産、トルコ産やイラン産などが目立つようになりました。それと同時に自国の産業の育成に力を注いだ結果か自国産、カタール産のラインナップが増えました。

220742c0eb3a61d81c5233fa45d6d25731f3c26a
▲国交を持つ国々から輸入されたフルーツや果物が並べられている。

47eab68182e23020978f769be482d0f4f6c0a17a
▲前回取り上げた雪見だいふくも大型になりました。日本円で約1000円

5d8a61b50ae82dc3faa2947a0b1578e6bdc1dcf6
▲カタール産のトウフ約300円、左横にあるのはSHIMEJI約450円

0c0df3794355006f929e51e8eeb7f3c8fab821c3
▲DOHAマークのロゴが入るカタール産の鶏肉

そして連載第10回には、ヨーロッパからの乳牛の大輸送とカタール自国の乳製品ブランドの確立について書きましたが、この約1年の間にカタールブランド「BALADNA」の躍進は目覚ましいものがありました。

5884e064df5dc987a5e08ebd4a2dc47117b6cd06
▲「BALADNA」のショップに並ぶカタール乳製品の数々。カフェも絶品

b368ddeb4fbee6cea664f1117c0156643acab583
▲各スーパーマーケットで陳列されている「BALADNA」の牛乳。政府補助もあり安価。

また、カタール産ブランドには前述の「BALADNA」だけではなく「DANDY」「RAWA」という名前のブランドもあります。いろいろな販売店でそれぞれのブランドが切磋琢磨している印象がありました。サウジやアラブ首長国連邦との断交後、確保が難しかった乳製品はこの2年の間に育成され、カタール国内の乳製品の供給を充分にこなしていると言えます。

4c80207683c8397bec1f7f2b2c0b7fb722cd3577
▲カタールへ乳製品を供給する「BALADNA」のトラック

aa1ede012f4c40f89eabbf32cacd3fc7d78ab473
▲各スーパーマーケットに並ぶヨーグルト(1kg 180円)BALADNAとDANDY

また乳製品だけではなく、スーパーマーケットの中でカタール産の靴下を見つけました。湾岸諸国のほとんどの国で、繊維系の商品はエジプト産やインド産が多いですが、湾岸諸国の中で作られるケースは珍しく、政府補助を強く受けているとは言え、食品だけではない様々な製品の自国産育成を目指すカタールの姿勢を強く感じました。断交はまだまだ長く続くが、カタールはなかなかしぶとく生き残るのではないか、と感じるカタールのレポートでした。

10fabb58313e59e1e59067cbf529244fc8f15d23
▲カタール産の靴下、4足セットで700〜800円

アラブ首長国連邦武器見本市「IDEX」

この記事の続きは、有料でこちらからお読みいただけます!
ニコニコで読む >>
noteで読む >>

関連記事・動画