宇野常寛責任編集 PLANETS 政治からサブカルチャーまで。未来へのブループリント

Serial

  • 2021.05.06

男と差別|井上敏樹

平成仮面ライダーシリーズなどでおなじみ、脚本家・井上敏樹先生のエッセイ『男と×××』。今回のテーマは「差別」。(一見)差別的な用語に過敏に反応してしまう昨今の風潮について、敏樹先生がユーモラスに語ります。

「平成仮面ライダー」シリーズなどで知られる脚本家・井上敏樹先生による、初のエッセイ集『男と遊び』、好評発売中です! PLANETS公式オンラインストアでご購入いただくと、著者・井上敏樹が特撮ドラマ脚本家としての半生を振り返る特別インタビュー冊子『男と男たち』が付属します。 (※特典冊子は数量限定のため、なくなり次第終了となります) 詳細・ご購入はこちらから。

脚本家・井上敏樹エッセイ『男と×××』第64回
男 と 差 別     井上敏樹

駅の自販機でお茶を買った。『お~い、お茶』というものである。ふと、思った。この商品名は差別的なのではないのか。『お~い、お茶』とは言うまでもなく、夫が妻に対してお茶を要求する言葉であろう。もちろん、妻が夫に、或いは子供が親に言う事もあろうが、この場合、今や死語となりつつある亭主関白を表しているのは間違いない。ちょっと前に森元首相の女性蔑視発言が問題になったが、『お~い、お茶』は差別ではないのか。だが、よく考えてみるとこの商品名はなかなか賢い、と気づいた。『おい』ではなく『お~い』と伸ばしている所がミソだ。大声を上げている。つまり、この家は広い。お屋敷である。ならば、当然、昔風に言えば『お手伝いさん』のひとりやふたりいるだろう。この男はお手伝いさんにお茶を要求しているのだ。ならば差別ではない。お茶を出すのもお手伝いさんの仕事だからだ。『~』によってこの商品は救われているのだ。

さて、差別と言えば先日、友人から面白い話を聞いた。

この記事の続きは、有料でこちらからお読みいただけます!
ニコニコで読む >> noteで読む >>

関連記事・動画