宇野常寛責任編集 PLANETS 政治からサブカルチャーまで。未来へのブループリント

Serial

  • 2021.05.13

サブスクで観れる、加藤るみが選んだ2021年アカデミー賞作品ベスト3|加藤るみ

今朝のメルマガは、加藤るみさんの「映画館(シアター)の女神 3rd Stage」、第16回をお届けします。
先月、ついに発表された2021年アカデミー賞。今回はアカデミー賞関連作品の中から、るみさんのおすすめをサブスクリプションサービスで観られる作品に限定して3本選んでもらいました。
いまだ解決の兆しが見えないコロナウイルス問題ですが、るみさんは今回紹介する作品を通して、自宅での鑑賞ならではの楽しみも見つけられたようです。

加藤るみの映画館(シアター)の女神 3rd Stage
第16回 サブスクで観れる、加藤るみが選んだ2021年アカデミー賞作品ベスト3

おはようございます、加藤るみです。

3度目の緊急事態宣言の発令が決定(執筆時:2021年4月現在)し、映画館も次々と休業発表がありました。
今年もアカデミー賞の発表が終わり、アカデミーで話題になった作品を”今この時”に観れない現状がとても苦しいです。
早く、この状況が収まりますように。
ただただ、それを願うしかありません。

しかし、緊急事態宣言も3度目となれば、私も自粛ライフの楽しみ方に関してはプロ級です。
映画に海外ドラマ、釣具をいじいじ、着ない服をメルカリに出品、無限にやることがあるのです。
それに、このコロナ禍でネットショッピング力がグンと上がり、海外のサイトで買い物することも増えました。
最近は、アカデミー賞で監督賞を獲った、クロエ・ジャオのTシャツをゲットしたので、ぜひ自慢させてください。

画像1

映画界で活躍する女性たちのネームTシャツを販売している、「Girls on tops」というイギリスのサイトから購入しました。
他にも、グレタ・ガーウィグTやアネット・ベニングTなど、映画好きなら気づいてくれるであろう、ナウいTシャツが沢山あります。
海外のアパレルはサイズ感がいつも心配なんですが、XSでちょうどピッタリ着れてこの上ない感動でした。
テンション上がるものを着ることって大事ですね。
なんだか唐突にお買い物紹介になってしまったので、ついでにもう一つ紹介させてください。
続いては、地元・岐阜の名産品のお取り寄せグルメです。
飛騨高山に「キュルノンチュエ」という燻製品などおつまみの名店があるんですが、お店のイチオシでもある白かび熟成の乾燥ソーセージがめちゃくちゃ美味しくて、私、大ファンなんです。

画像2

ソーセージというより、サラミのようで、白かびの芳醇な香りと、背脂の甘みのコクが上質で、岐阜が誇る、ぜひとも食べてもらいたい逸品です。
お酒は飲まない私ですが、このソーセージとジンジャーエールをお供に、映画を観るのが幸せの極みです。
これがあるだけで、かなりリッチな映画タイムになります。

さて、今回は、そんなソーセージをかじりながら配信で観た、アカデミー賞関連のオススメサブスク作品を3本紹介したいと思います。

まずは、1本目。
Netflixオリジナル作品『ラブ&モンスターズ』です。

色々あって巨大化した昆虫や爬虫類に支配された世の中で、ヘタレな青年が生き別れの彼女に会いにいくサバイバルコメディー。
これ、ポスタービジュアルからC級(笑)の匂いがプンプンだったんですが、蓋を開けたら大正解な『ゾンビランド』(’09)的A級コメディでした。
こちらは受賞ならずでしたが、今回のアカデミー賞の視覚効果賞にノミネートされています。

モンスターだらけの世界になって以降、地下壕のバンカーで7年間生活をする青年ジョエル。
ジョエル以外のバンカーの仲間たちは、みなカップリングしていて、独り身はジョエルのみ。戦闘員としても使い物にならないヘッポコなため、仲間たちにスープを給仕する万年料理担当になっています。
そんなジョエルが、世界滅亡前に付き合っていた愛する彼女に会いにいくため、外の世界に出ることを一大決心する……。

この物語、終始軽妙なテンポで進んでいくのが、とっても気持ちが良いです。
まさに、痛快、爽快。
絶望的な世紀末であるのに、主人公ジョエルの他人事のようなおちゃらけたナレーションから始まるのも、『ゾンビランド』さながらの作りになっていて、”モンスター版『ゾンビランド』”と名付けたくなるような既視感がありました。

この記事の続きは、有料でこちらからお読みいただけます!
ニコニコで読む >> noteで読む >>

関連記事・動画