宇野常寛責任編集 PLANETS 政治からサブカルチャーまで。未来へのブループリント

Serial

  • 2016.04.18
  • J-WAVE,THE HANGOUT,THEHANGOUT書き起こし,YouTube,宇野常寛

月曜ナビゲーター・宇野常寛 J-WAVE「THE HANGOUT」4月11日放送書き起こし!

大好評放送中! 宇野常寛がナビゲーターをつとめるJ-WAVE「THE HANGOUT」月曜日。前週分のラジオ書き起こしダイジェストをお届けします!


 

▲先週の放送は、こちらからお聴きいただけます!

■オープニングトーク

宇野 時刻は午後11時30分を回りました。みなさんこんばんは、宇野常寛です。そして松岡茉優さん、今夜もお疲れさまでした。今夜の松岡さんの後ろ頭も最高にキュートでしたよ。松岡さんの後ろ頭は世界人類の中で最も美しいですね。僕が保証しているので間違いないです。シャンプーを念入りにして、その後ろ頭の美しさを大切にしてくださいね。YouTube Liveで見ている人も気づいていないと思うんだけれど、いま僕は松岡さんと超アイコンタクトしましたからね。これから毎週できるんだよ? この圧倒的な違い、わかりますか? たしかにラジオっていうのは、リスナーのみんなと時間を共有するものだと思うし、YouTube Liveでは僕の喋ってる表情も見られます。でも、松岡茉優ちゃんとのアイコンタクトは僕だけの特権なんですよね。ラジオっていうのは、なんだか本当にいいものだよね。ラジオのレギュラーを持ってから3年ぐらい経つけど、ナビゲーターだけの特権っていうものがあるんだなということに、初めて気づきましたね。このトキメキを楽しみにこれからやっていきたいと思います。皆さん「AVALON」の方もよろしく。
今日はそんな僕の「メディア人としての自意識の問題」とか、そんな話から入っていこうと思います。このまえ、僕は人生で初めて芸能リポーターみたいなやつらにどつきまわされたんですよ。先週の水曜日に、仕事仲間の誕生パーティーへ行ってきたんですよ。誰の誕生日かと言うと、今をときめく乙武洋匡さんですね。このタイミングで誕生日が来ましたって、運命のいたずらだよね。まあ行ったといっても、直前まで仕事が入っていて、最後の10分ぐらいしか顔を出せなかったんですよ。会場が結構近所のホテルだったので、まあ近いから行こうかなと思って行ってきたんですよね。会場には知り合いがいっぱい来ていたので、まとめて話せてよかったですね。古市憲寿くんとか、DMMの亀山会長とか、J-WAVE的には津田大介さんとか。あとは、チームラボの猪子のトッシーとかさ。まあ猪子さんはしょっちゅう会ってるけれど、しばらく会っていなかった人たちと久しぶりに話もできてよかったですね。冠婚葬祭とかでしばらく会っていなかった親族とまとめて挨拶できて近況を交換できるという便利感に近かったですね。
そのうちにあっという間に時間も来てしまったので、本人に一言だけ「おめでとう、大変だけど頑張ってね」と伝えて会場から出たんですよ。それが間違いだったんです。ホテルの外がマスコミだらけだったんですよ。確かに会場に入るときから、なんかいるなとは思ってたんですけれど、いつの間にか、カメラ構えたやつらがウジャウジャと超あふれてるんですよ。翌日に別件で猪子さんと仕事で会う機会があったんですが、彼は「すぐに会場を出るとマスコミだらけだから、ホテルの周りで少し時間潰そうぜ」って、茂木健一郎さんを中心に何人かでまとまって出たらしいんですよね。そこに混じっていればよかったんですよ。でも僕は普段そういった世界から離れて生きているので、マスコミ対応とかのノウハウは全然ないんですよ。だから終わってすぐ会場を出てしまったんです。

この記事の続きは、有料でこちらからお読みいただけます!
ニコニコで読む >>
noteで読む >>