宇野常寛責任編集 PLANETS 政治からサブカルチャーまで。未来へのブループリント

Serial

  • 2015.12.07
  • J-WAVE,THE HANGOUT,YouTube,宇野常寛

月曜ナビゲーター・宇野常寛 J-WAVE「THE HANGOUT」11月30日放送書き起こし!

大好評放送中! 宇野常寛がナビゲーターをつとめるJ-WAVE「THE HANGOUT」月曜日。前週分のラジオ書き起こしダイジェストをお届けします!


 

■オープニングトーク

宇野 時刻は午後11時30分を回りました。みなさんこんばんは、宇野常寛です。今日は久しぶりにテレビの話をしちゃおうかなと思っています。僕は4月から、日本テレビ系の朝のワイドショーの「スッキリ!!」という番組に出ているんです。僕としては珍しく、この半年の間スタッフさんとも共演者さんとも仲良くやっているんですよ。僕はテレビっぽいテレビ番組にでると、9割くらいの確率でケンカをして辞めちゃうんですけれど、「スッキリ!!」は奇跡的に続いているんです。

その理由として、同世代の男子が多くて、話が合うのが大きい気がしているんです。僕の2歳年上の総合演出の服部さんや、アシスタントプロデューサーの鶴田さんとか。出演者だと、森アナウンサーや上重アナウンサーとか、コメンテーターの坂口孝則さんとかですね。このへんが僕の同い年で、僕のやろうとしていることにけっこう理解を持ってくれているんですよ。坂口さんなんかは「スッキリ!!」で共演する前から、僕がつくっている雑誌『PLANETS vol.9』に記事を書いてくれたりしている人なんです。

特にスタッフの方が、僕のアンチテレビ的な考え方を利用して、番組の幅を広げようとしてくれているんですよね。僕のことをよく調べてくれていて、最初からそのつもりで話を持ちかけてきているんですよ。このラジオも聴いてくれているはずだし、僕の本とかもよく読みこんでくれています。

あとはMCの加藤浩次さんの存在ですね。この人は正直に言って、僕と意見が合うタイプではないと思うんですよ。ガンダムが好きで、左翼が嫌いで、J・J・エイブラムスが嫌いなのは意見が合うんですけれど(笑)、ほかはそんなに合うタイプじゃないと思うんです。でも合わないなりにお互いそれをけっこう楽しんでいるような感じで、わりとうまくやっていると思うんですよね。

そんな感じで、スタッフの一部には「仲良し木曜日」と呼ばれているくらいなんです。聞くところによると、他の曜日はそんなに和気あいあいとしていないらしいんですよね。せっかくそういう環境でやらせてもらっているんだから、来年からはもう少し番組に踏み込んでいきたいなと思っています。

PLANETSの日刊メルマガ「Daily PLANETS」

月額880円(税込)、多くの方は初月無料!

生放送、動画アーカイブをご覧になりたい方はニコニコ動画内「PLANETSチャンネル」へご入会ください!

今すぐ入会する CLICK!
CLICK!